QLOOKアクセス解析

アフィリエイトB
転職サイトならDODA
ケアマネージャー求人
授乳後 豊胸
リフィート 脚痩せ

i-mobile


kauli




バナーブリッジ

現在登録するだけで500円報酬!



[グルメ]データベース[検索付リンク集] by かりるーむ株式会社








CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

CATEGORIES

archives

2015.01.10 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2014.07.27 Sunday

    乳ガン術後補助療法2−ホルモンの感受性が高い場合はホルモン剤も用いる

    0
      乳ガンには、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を強く受ける、ホルモン感受性が高いタイプがあります。この場合には、ホルモン剤が効果的だそうです。 現在使われているホルモン剤は、次の3つです。閉経前と閉経後で使い分けらています。

      ・LH-RH製剤
      閉経前に使われる薬です。脳から分泌されるホルモン(LH-RH)の指令によって卵巣から女性ホルモンが分泌されますが、この薬は脳からのホルモンの分泌を止めることで、エストロゲンの分泌を抑えます。

      ・抗エストロゲン剤
      閉経前後のどちらにも使います。ガン細胞には、エストロゲンの受容体があります。そこにエストロゲンが結合するのを妨げ、エストロゲンの作用を抑える薬です。

      ・アロマターゼ阻害薬
      閉経後は、卵巣機能は停止しますが、脂肪から分泌されるアロマターゼという酵素が、男性ホルモンをエストロゲンにつくりかえます。子の薬は、アロマターゼの働きを阻害し、エストロゲンが作られるのを抑えます。

      これらのホルモン剤は、抗ガン剤に比べて軽いものの、副作用を持っています。

      LH-RH製剤では、「顔のほてり、朝晩の関節のこわばり」などが起こることがあります。

      抗エストロゲン剤は、長期間服用することで、頻度は高くありませんが、子宮ガンの発症率がやや高まるといわれています。定期的に検診を受けることが必要です。

      アロマターゼ阻害薬は新しい薬なので、長期使用による副作用は、まだ十分に分かっていませんが、骨粗しょう症の発症率が少し高まるといわれています。

      乳ガンは非常にゆっくり進行するガンのため、再発予防の効果を判断する目安は、術後10年といわれています。薬のことを十分に理解して、上手につきあうことが大切なようです。

       
      ブログランキング 
      ブログランキングならblogram
      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
      JUGEMテーマ:健康   

      2015.01.10 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック