QLOOKアクセス解析

アフィリエイトB
転職サイトならDODA
ケアマネージャー求人
授乳後 豊胸
リフィート 脚痩せ

i-mobile


kauli




バナーブリッジ

現在登録するだけで500円報酬!



[グルメ]データベース[検索付リンク集] by かりるーむ株式会社








CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

CATEGORIES

archives

2015.01.10 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2014.07.20 Sunday

    乳ガン術後補助療法1−再発予防のために抗ガン剤を2〜3種類組み合わせる

    0
      術後補助療法は、再発予防を目的として行われるものです。使われる薬は、大きく分けて、「抗ガン剤」と「ホルモン剤」の2種類になります。単独使用と併用使用されるケースがあります。
      手術で切り取ったガン細胞を調べて、次のような要素を検討して、薬の選択をします。
      ・リンパ節への転移があったか
      ・女性ホルモンの影響を受けやすいガンか
      ・閉経前か閉経後か
      ・ガン細胞の表面に「HER2」という特殊なたんぱく質が多いか少ないか

      1では、抗がん剤の組み合わせの説明をします。

      抗ガン剤を使う場合は、2〜3種類を組み合わせる「多剤併用」が基本です。抗ガン剤の組み合わせは、英語の薬名の頭文字をとって示されます。乳ガンの場合、以前は「CMF」という3つの薬の組み合わせがよく使われていたそうです。

      しかし、最近では、「AC」「EC」「CAF」「CEF」という組み合わせで、3ヶ月ほど使った後に、タキサン系という新しいタイプの抗ガン剤を3ヶ月ほど使う方法が主流だそうです。

      抗ガン剤は、ガン細胞を攻撃してくれる反面、正常な細胞にもダメージを与えてしまうので、様々な副作用がでることがしばしばです。その場合は、適切に対処することで症状を軽くすることができるそうです。

      例えば、「吐き気や口内炎、下痢」といった副作用には、それらを抑える薬があります。「白血球の減少」に対しても、白血球を増やす薬が用いられます。

      「脱毛」に対しては、残念ながら薬はないそうですが、これは一時的なもので、薬の使用が終われば、再び髪の毛は生えてくるそうです。沢山抜けてきになるという場合は、かつらや帽子を利用するのも1つの対処法です。

       
      ブログランキング 
      ブログランキングならblogram
      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
      JUGEMテーマ:健康  

      2015.01.10 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック