QLOOKアクセス解析

アフィリエイトB
転職サイトならDODA
ケアマネージャー求人
授乳後 豊胸
リフィート 脚痩せ

i-mobile


kauli




バナーブリッジ

現在登録するだけで500円報酬!



[グルメ]データベース[検索付リンク集] by かりるーむ株式会社








CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

CATEGORIES

archives

2015.01.10 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2010.10.05 Tuesday

    狭心症・心筋梗塞と血圧の関係

    0
      高血圧は、高脂血症、糖尿病、喫煙などと並んで、動脈硬化の危険因子の1つです。血圧が10mmHG上がると、心筋梗塞や狭心症の発症率が約1.6倍になるとも言われています。

      血圧が高いと、血管がいたみやすく、血管壁にコレステロールが入り込むようになります。その結果、冠動脈の内腔に動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。

      正常な血圧は、「収縮期血圧130mmHG未満で、かつ拡張期血圧85mmHG未満」です。「収縮期血圧140mmHG以上、または拡張期血圧90mmHG以上の場合は高血圧の状態であり、生活習慣の改善などの対処が必要です。

      血圧は、1日を通じて常に変動します。一般に、起床時から上がり始め、日中は高い状態が続きます。その後、就寝と共に下降し、深夜の間は低い状態が続きます。

      精神的ストレスによっても血圧は上がります。その代表的なものが、普段は正常血圧なのに、医療機関で測ると、緊張して血圧が上がる「白衣高血圧」です。

      さらに、喫煙や運動などの行動によっても血圧は上がります。特に熱いお風呂や冬場のトイレなどでは、変動の幅が大きくなります。

      血圧が急に上がると、狭心症や心筋梗塞の発作が起こりやすくなります。必要に応じて薬を使って血圧を下げ、安定させることが大切です。




      にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
      にほんブログ村 健康ブログへ
      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑

      ランキングはこちらをクリック!
      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑

      JUGEMテーマ:健康 

       

      2015.01.10 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        タムチさん

        おはようございます。
        もた丼です。

        エディタから来ました。

        私も四捨五入すると50歳
        アラフィフです。

        高血圧には気をつけないと。

        また来ます。

        応援ポチッです。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック