QLOOKアクセス解析

アフィリエイトB
転職サイトならDODA
ケアマネージャー求人
授乳後 豊胸
リフィート 脚痩せ

i-mobile


kauli




バナーブリッジ

現在登録するだけで500円報酬!



[グルメ]データベース[検索付リンク集] by かりるーむ株式会社








CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

CATEGORIES

archives

2015.01.10 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2009.12.09 Wednesday

    後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは

    0
      医薬品は、薬店・薬局で処方箋なしで購入できる「一般用医薬品(大衆薬)」と医師から処方される「医療用医薬品(処方薬)」の2つに分けられます。医療用医薬品には、「新薬(先発品)」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」があります。

      薬の製造は、一般に、自然界のなかから薬として役に立ちそうな成分を探すことから始まります。薬の元になると考えられる有効成分が見つかったら、実用化するために研究を重ねます。

      新しい薬ができるまでには、10数年もの年月がかかり、開発費用は数100億円にも上ります。その費用を補償するために、新しい有効成分は特許で守られています。開発した製薬会社は、特許期間の20〜25年間、その有効成分が含まれた「新薬」を独占的に犯場することができます。

      新薬の特許期間が過ぎると、他の製薬会社も、同じ有効成分を利用できるようになります。そうして製造される薬が、「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」です。

      後発医薬品は、新薬の価格よりも安いので、医療費の削減のためにも国から患者さんへ利用するように医師や薬剤師を通じて勧められていますが、その普及率はまだまだです。新薬は、臨床データが少ない場合も多いので、リスクも高いです。価格ばかりが高いわけではないのです。あらゆる面から考えて、後発医薬品が、大きく劣るということはありません。ドンドン利用しましょう。それが、国民生活を少しでも楽にすることにもつながります。要は、税金などが医療費に流れていくのを多少なりとも抑えることができるからです。




      にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
      にほんブログ村 健康ブログへ
      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑

      ランキングはこちらをクリック!
      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑

      JUGEMテーマ:健康


       
      お勧めリードメール ダウンサポートいたします  

      2015.01.10 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        いろいろな記事を書きますので、またお越しを!コメントも!
        • タムチ。
        • 2009/12/10 2:14 PM
        ジェネリック賛成。
        古い時代の添加物や外装よりも、新しい
        後発薬のほうが信頼できます
        • yocchi
        • 2009/12/10 10:47 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック