QLOOKアクセス解析

アフィリエイトB
転職サイトならDODA
ケアマネージャー求人
授乳後 豊胸
リフィート 脚痩せ

i-mobile


kauli




バナーブリッジ

現在登録するだけで500円報酬!



[グルメ]データベース[検索付リンク集] by かりるーむ株式会社








CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

CATEGORIES

archives

2015.01.10 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2015.01.10 Saturday

    乳ガン再発後の治療の進め方

    0
      再発と診断された場合、まず、「再発した部位」や「再発による症状の有無」「再発までの期間」などを検討して、治療方針を決めます。 

      「再発までの期間」とは、手術から再発が発見されるまでの期間のことで、この期間が長ければ長いほど、再発ガンの進行もゆっくりだと考えられます。

      再発した場合の治療は、「ガンに対する治療」と「生活の質を維持する緩和ケア」との2本柱で行われます。

      ガンに対する治療には、「手術療法」「薬物療法」「放射線療法」の3つがあります。手術療法は一般に、局所再発の場合に行われます。他の臓器やリンパ節に転移している場合には、ガン細胞が全身に散らばっている可能性もあるので、一般に薬物療法や放射線療法が選択されます。


      ブログランキング 
      ブログランキングならblogram
       
      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
      JUGEMテーマ:健康 

      2014.10.29 Wednesday

      乳ガン再発治療のポイント

      0
        治療には、主に2つのポイントがあります。 

        1つは、ガンの進行を遅らせることです。再発したガンを完全に消し去ることはできませんが、薬物療法によってガンを小さくしたり、進行を遅らせることはできます。

        2つ目は、患者さんの生活の質を維持することです。特に転移による痛みや息苦しさなどの症状を軽くして(緩和ケア)、患者さんが自分らしい生活を送れるようにサポートすることです。

        緩和ケアは、これまでガンの治療手段がなくなった後で、最後に行うものだと思われていました。しかし、痛みなの不快な症状を取り除くことは、患者さんの生活の質を維持するだけではなく、延命効果を上げることにもつながります。

        また、乳ガンは一般に進行が遅く、再発後も長期にわたって、ガンと付き合うことが多いため、その間の生活の質を保つことは重要です。

        ガンに対する治療と緩和ケアのどちらを重点的に行うかは、病状や患者さん自身の希望なども考慮して、決めていきます。


        ブログランキング 
        ブログランキングならblogram
         
        ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
        JUGEMテーマ:健康    

        2014.09.10 Wednesday

        乳ガンの再発とは

        0
          乳ガンが再発した場合、患者さんは大きなショックを受けるものです。けれども、決してあきらめてはいけません。乳ガンは、薬物療法や放射線療法の効果が現れやすく、実際に再発後10年以上、元気にいられる方もいます。

          乳ガンの再発は、手術後2〜3年がピークだそうです。多くは5年目までだそうです。ただ、乳ガンは一般に、ほかのガンと比べて進行が非常に遅いので、稀に手術後10年経ってから再発することもあります。

          再発する場所によって、「局所再発」「遠隔再発」の2つのタイプに分けられます。

          ・局所再発
          手術の痕や温存した乳房の中に、ガンが再発したものです。

          ・遠隔再発
          乳房から離れた場所にガンができた場合で、「転移」ともいいます。乳ガンの場合は、骨、リンパ節、皮膚への転移が多く、肺や肝臓、脳に転移することもあります。

          遠隔再発で重要なことは、例えば肺に転移した場合、、それは「肺ガン」ではなく、「転移した乳ガン」だということです。肺にあるガンであっても、もとは乳ガンですから、乳ガンの性質を持っています。


           
          ブログランキング 
          ブログランキングならblogram

          ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
          JUGEMテーマ:健康   

          2014.07.27 Sunday

          乳ガン術後補助療法2−ホルモンの感受性が高い場合はホルモン剤も用いる

          0
            乳ガンには、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を強く受ける、ホルモン感受性が高いタイプがあります。この場合には、ホルモン剤が効果的だそうです。 現在使われているホルモン剤は、次の3つです。閉経前と閉経後で使い分けらています。

            ・LH-RH製剤
            閉経前に使われる薬です。脳から分泌されるホルモン(LH-RH)の指令によって卵巣から女性ホルモンが分泌されますが、この薬は脳からのホルモンの分泌を止めることで、エストロゲンの分泌を抑えます。

            ・抗エストロゲン剤
            閉経前後のどちらにも使います。ガン細胞には、エストロゲンの受容体があります。そこにエストロゲンが結合するのを妨げ、エストロゲンの作用を抑える薬です。

            ・アロマターゼ阻害薬
            閉経後は、卵巣機能は停止しますが、脂肪から分泌されるアロマターゼという酵素が、男性ホルモンをエストロゲンにつくりかえます。子の薬は、アロマターゼの働きを阻害し、エストロゲンが作られるのを抑えます。

            これらのホルモン剤は、抗ガン剤に比べて軽いものの、副作用を持っています。

            LH-RH製剤では、「顔のほてり、朝晩の関節のこわばり」などが起こることがあります。

            抗エストロゲン剤は、長期間服用することで、頻度は高くありませんが、子宮ガンの発症率がやや高まるといわれています。定期的に検診を受けることが必要です。

            アロマターゼ阻害薬は新しい薬なので、長期使用による副作用は、まだ十分に分かっていませんが、骨粗しょう症の発症率が少し高まるといわれています。

            乳ガンは非常にゆっくり進行するガンのため、再発予防の効果を判断する目安は、術後10年といわれています。薬のことを十分に理解して、上手につきあうことが大切なようです。

             
            ブログランキング 
            ブログランキングならblogram
            ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
            JUGEMテーマ:健康   

            2014.07.26 Saturday

            猛暑 熱中症

            0
              数年前に、病気の父を病院へ迎えに行った際、
              熱中症になりました。
              朝から、体調が悪く、
              仕事の合間を縫って、
              ようやく病院に到着。
              気が緩んだのか、
              気持ちが悪くなり、
              ナースステーションまで、
              這うように行き、
              助けを求めました。
              即座に車いすに乗せられ、
              バイタルチェック、
              体温チェックが施されました。
              検査室に回され、
              次から次に処置。
              気が付くと、
              処置室で点滴を受けていました。
              危ない所だったみたいです(汗)
              昨日から、列島を猛暑が襲っています。
              小まめな給水、疲労の除去、
              無理な外出を避けるなど、
              自ら考えて行動しましょう。
              参考にどうぞ!
              http://medical.yahoo.co.jp/katei/311351000/ 
              ブログランキング 
              ブログランキングならblogram
              ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
              JUGEMテーマ:健康  

              2014.07.20 Sunday

              乳ガン術後補助療法1−再発予防のために抗ガン剤を2〜3種類組み合わせる

              0
                術後補助療法は、再発予防を目的として行われるものです。使われる薬は、大きく分けて、「抗ガン剤」と「ホルモン剤」の2種類になります。単独使用と併用使用されるケースがあります。
                手術で切り取ったガン細胞を調べて、次のような要素を検討して、薬の選択をします。
                ・リンパ節への転移があったか
                ・女性ホルモンの影響を受けやすいガンか
                ・閉経前か閉経後か
                ・ガン細胞の表面に「HER2」という特殊なたんぱく質が多いか少ないか

                1では、抗がん剤の組み合わせの説明をします。

                抗ガン剤を使う場合は、2〜3種類を組み合わせる「多剤併用」が基本です。抗ガン剤の組み合わせは、英語の薬名の頭文字をとって示されます。乳ガンの場合、以前は「CMF」という3つの薬の組み合わせがよく使われていたそうです。

                しかし、最近では、「AC」「EC」「CAF」「CEF」という組み合わせで、3ヶ月ほど使った後に、タキサン系という新しいタイプの抗ガン剤を3ヶ月ほど使う方法が主流だそうです。

                抗ガン剤は、ガン細胞を攻撃してくれる反面、正常な細胞にもダメージを与えてしまうので、様々な副作用がでることがしばしばです。その場合は、適切に対処することで症状を軽くすることができるそうです。

                例えば、「吐き気や口内炎、下痢」といった副作用には、それらを抑える薬があります。「白血球の減少」に対しても、白血球を増やす薬が用いられます。

                「脱毛」に対しては、残念ながら薬はないそうですが、これは一時的なもので、薬の使用が終われば、再び髪の毛は生えてくるそうです。沢山抜けてきになるという場合は、かつらや帽子を利用するのも1つの対処法です。

                 
                ブログランキング 
                ブログランキングならblogram
                ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
                JUGEMテーマ:健康  

                2014.06.10 Tuesday

                乳ガンの転移

                0
                  これまで、乳ガンは、乳房からリンパ節を経由して、皮膚や肺などに転移すると考えられていました。

                  この場合、肺などに転移する前に乳房とリンパ節を切除すれば、ガンは消えるはずです。しかし、実際には、乳房やリンパ節を切除しても、再発してしまうこともあります。

                  そのため、乳ガンには、乳房にガンが発生した時点で、既に目に見えない微細なガンが、リンパ節を経由せずに全身に転移しているタイプがあるのではないかという考え方が出てきました。

                  近年、乳ガンは、「全身病」と捉えられています。そのため、全身に作用を及ぼす薬物療法に、より注目が集まっているのです。
                   
                  ブログランキング 
                  ブログランキングならblogram
                  ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
                  JUGEMテーマ:健康   

                  2014.05.05 Monday

                  乳ガンの術前化学療法が効かない場合は?

                  0
                    術前化学療法は、その効果の高さが証明されているとはいえ、中には薬が効かないという患者さんもいらっしゃいます。 
                    術前化学療法を行っている間に、もしガンが大きくなっていれば、手術のタイミングが遅れないよう、その段階で直ぐに手術を行うことになります。そうしたことも含めて、担当医から事前に説明を受けて、よく相談しておきましょう。

                     
                    ブログランキング 
                    ブログランキングならblogram
                    ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
                    JUGEMテーマ:健康   

                    2014.03.27 Thursday

                    乳がん薬物療法 術前化学療法

                    0
                      術前化学療法とは、手術前に抗ガン剤を使うことで、ガンを縮小させて、手術をやりやすくする方法です。

                      アメリカでの臨床試験では、「ガンの直径が5cm以下でリンパ節への転移がない、あるいは、転移があっても数が少ない」患者さんに、術前化学療法を行った結果、79%の人のガンが半分以下に縮小したというデータがあります。

                      日本でも同等、もしくはそれ以上の効果があると考えられています。また、稀に、術前化学療法でガンが消えてしまう人もいるそうです。

                      現在、術前化学療法を行うことができるのは、ガンの直径が3cm異常、あるいはリンパ節への転移がある患者さんが対象です。

                      ガンの直径が3cm以上ある場合、通常なら乳房保存術は行えません。しかし、薬によってガンが縮小すれば、乳房保存術が可能になることもあるのです。このような側面から、術前化学療法は、「乳房保存術を目指した薬物療法」ともいえるのです。

                       
                      ブログランキング 
                      ブログランキングならblogram
                      ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑
                      JUGEMテーマ:健康  

                      2014.02.17 Monday

                      乳ガンの薬物療法

                      0
                        乳ガンは、ガンの中でも特に薬の効果が現れやすいガンです。そのため、かなり以前から薬物療法が研究されています。その効果も認められています。また、数々の臨床試験の結果から、標準的な薬の使い方も確立されています。

                        最近では、「薬物療法の個別化」ということも提言されています。これは、患者さんのガンの特性を分析して、患者さんに合った薬を選択することで、より安全で効果的な治療を施そうという考えです。

                        乳ガンの薬物療法は長期にわたることも多く、薬の副作用による不快な症状や生活上の不都合など、生活の質の低下も心配されますが、薬物療法が個別化されれば、その患者さんに必要のない薬を使うこともなくなるので、副作用も少なくなるのです。

                        乳ガンの薬物療法は、次の3つのケースで行われます。まず、近年行われるようになったのが、手術療法や放射線療法などの前に薬を用いる「術前化学療法」です。そして、手術療法や放射線療法の後に行われる「術後補助療法」があります。

                        そのほか、診断時に病状がかなり進行していて、手術が困難な場合にも薬物療法が用いられます。

                         
                        ブログランキングならblogram
                        ↑ 今日は何位!? あなたのクリックが励みになってます。応援お願いします。↑

                        JUGEMテーマ:健康  

                        | 1/178PAGES | >>